外資系企業での面接の特徴

英語でのプレゼンテーションを求められる

外資系企業の求人に応募して無事に書類選考を通過できると面接に呼ばれることになります。その流れは日本企業を受けるときと違いはありませんが、面接の内容については違いが大きい場合が多いので気をつけましょう。同じように対策をしていてもきちんと受け答えができずに採用を見送られてしまうリスクがあります。重要なのは英語で話せるようにしておくことで、少なくとも簡単なプレゼンテーションをできるように準備しておくことが大切です。

外資系企業の英語によるコミュニケーションが必要になる場合がほとんどです。国内オフィスは日本人だけで普段は日本語でコミュニケーションを取れたとしても、海外のオフィスと会議をするときには英語のみになるでしょう。メールのやり取りも本社からの通知なども全て英語というのが一般的です。その際にも適切な対応ができるのかを見極めるために面接に英語が盛り込まれています。自己紹介や自己PR、過去の実績などについてのプレゼンテーションを英語で行うように促されることが多いので準備が必要です。質疑応答は全て英語で面接官も日本人ではないという場合もあるので、基本的には英語で対応することになると考えておくが適切です。

入社してから何ができるかを聞かれやすい

面接における質問の内容として、日本企業では志望動機や転職理由、過去の実績などが典型的です。どちらかというと今までのことについて聞いてどんな人だったのかを理解しようとする傾向があります。しかし、外資系企業では後ろ向きではなく前向きの軸での質問が多いのが特徴です。典型的な質問として知られているのが、入社したらあなたには何ができるのかというものです。特に転職の場合には経験や実力があるので、それを生かすと会社に対してどんな貢献ができるのか、そしてその実現のために何をするつもりなのかを聞かれることになるでしょう。

面接のときまでに十分に企業研究をしておかないとこのような質問に答えるのは困難です。場合によっては面接の当日に企業についての説明会が行われ、その内容を踏まえて答えることが重要になる場合もあります。きちんと自分の取り柄について理解していて、応募企業が抱えている問題や事業の方針などを把握しているかが判断されることになるので注意しましょう。どのようにして自分の能力を生かせるかについては応募する前からよく考えておき、書類にも記載するようにした方が面接でもスムーズに受け答えができるようになるでしょう。